<< 死者の国への旅 命からがら煉獄編 | main | 死者の国への旅 そして死を想う編 >>

死者の国への旅 は〜るばる来たよ天国編

0

     

    みなさま今日もようこそおいでくださいました。ではさっそく前回からの続きをば。

     

    ようやく煉獄山の麓までたどりついたダンテは、ひどく疲れて寝入ってしまいます。

    そこへ現れた黄金の翼を持つ大鵬(おおとり)!

     

    この大鵬が、ダンテを抱えたまま光の中へまっしぐらに舞い上がります。

     

    実は、この大鵬は光の聖者、ルチア(英語でルーシー)の化身だったのであります。

     

    そして…

     

    翼を持つみなとみらいホールのオルガン「ルーシー」。

     

    この時空を超えた符号に気づいた時、さすがのワタクシも驚愕でありました。

     

    そんなドラマを経て、ダンテが大鵬に連れてこられたのは煉獄山のすでに中腹の高台。ここで「裁きの天使」に出会い、額に7つのP(罪)の文字を刻み込まれます。天使は煉獄山の7つの環道をたどることでその罪を浄化し、その文字を1文字1文字消してゆくようにダンテを諭します。

     

    ウィルギリウスとダンテの浄罪の旅(こんどは山登り)は続きます。

     

    2人はようやく山の頂上(地上楽園)へと昇りつめます。しかしウェルギリウスが来られるのはここまで。ここでダンテは、かつて愛していた夭折の淑女ベアトリーチェと出会います。実はウェルギリウスはこのベアトリーチェに頼まれて、ダンテを地獄の底からここまで案内してきたのでした。

     

    さあ、ここから美しきベアトリーチェと一緒に天国の旅が始まりますよー

     

    「光降る 歌声響き光降る ”我らの愛を、ここにいや増す今一人”」(以下、谷口江里也訳)

     

    「光は力 智は光」

     

    「愛は光 光は全て」

     

    「私は光」

     

    以上、ダンテの神曲「泣く子も黙る地獄編→命からがら煉獄編→は〜るばる来たよ天国編」とざっっっくりご一緒にみてまいりましたが、このお話を知っていただいたところで、次回は拙作「メメント・モリ ー光への道」の楽曲解説をさせていただきたいと思います。

     

    「光への道」はわかったけれど、「メメント・モリ」って何ですのん?

     

    にもお答えしたいと思います。

     

    今回もおつきあいくださって、ありがとうございまいした!

     

    ***********************
    † Organ concert "LIFE "
    〜いのちは巡り、進化する〜
    2017.11.2 19:00 Start 全席指定 2000円
    チケット発売中!くわしくは
    公演HP 
    http://project-orb.yokohama
    紹介ムービー https://youtu.be/bxK4VfNyQE0

    ***********************

     

     

    project-orb * メメント・モリ ー光への道 * 19:06 * - * -
    このページの先頭へ