<< 続・NO カ〜ル NO LIFE | main | …IF… "もしもし?” …過去からの電話… >>

LIFEへの道 ー取材に衣装に迷走中の巻

0

     

    みなさま。

    今回はちょっと一息、オルガンコンサートLIFEのメイキングの様子をお伝えしたいと思います。…メイキングって…

     

    本日は、なんとみなとみらいホールのおはからいで、地元の情報にはめっぽう強い「神奈川新聞」さまから、11月2日のコンサート LIFEについての取材をしていただきました!神奈川新聞は、発行部数なんと19万部…!ありがたいことです。美人のステキな記者さんでありました。10月11日(水)の文化面に掲載されるそうなので、神奈川県民の皆様よろしくお願いいたします!フガッ!

     

    (逆光がいい具合におそろしげな二重アゴをマスキングしております)

     

    (横浜みなとみらいホールに、LIFEの縄文土器があったどー!!)

     

    ふだんは作曲といっても華やかな作曲家先生の世界とはほど遠い、認知されているのかいないのか微妙な存在である宗教音楽を地道に書き、あとは普通(わりと引きこもりがち)にモッサリとした生活をしているので、今回、写真を撮られるとかステージに上がる、といった状況にワタワタしております。

    自分で蒔いた種なのですけれども、ワタクシ「身だしなみをちゃんとする」というのが最も苦手でして…。洋服ダンスの中はワシャワシャで、つねに「服がないっ」と半狂乱になっております。

    わりと綺麗な人を見ているほうが好きです。

    私にとって「身だしなみを整える」ということは、整地された畝に種を蒔く(明日に備えてアイロンがけ)のではなく、荒野を開拓し種を蒔く(スーツ上下を捜索、ボタンが取れたまま放置されてたことが発覚、当日仕上げのクリーニングに泣きながら駆け込む)といったところからスタートしなければならず、お化粧もできればしたくないワタクシにとってこれは苦行であります。

    本来はもぐらのように生きていきたいです。

     

    しかしですね、今回は違います!もしゃもしゃのスーツではあきまへん、司会進行としてステージに上がるために、やはりここはフンパツして衣装を買わなければ!と立ち上がりました。

    出演者のみなさまは、このコンサートのためにそれぞれ本当にすてきな衣装をご用意くださっているのです(とくに山口ともさんには注目です)。

     

    そんなわけで

     

    ベトナムの民族衣装、アオザイを着てみるか、と思い立ち、三浦はつみさんに教えてもらった専門店にまいりました。

     

    瞬殺。体型的に戦力外通告。

     

    無惨なメタボ腹がアオザイなどゆるされるはずもなく、その後よらよらと中華街を彷徨う。

     

    Project-Orbの頼れるスタッフAさん(ブラックサンダーが好物)から、おもしろTシャツなどによろめかないようにと指示されていたにもかかわらず、次々おもろい店発見!

     

    あちこち徘徊の挙句、疲れ切ってなんだかもうわからなくなってきて「お!これはよいのでは!」と大漁旗のような服を購入。

    (引用:http://shop.akawine.com)

     

    「この服、ユートピアっていう名前がついてるんですよ」店員さん談。

     

    11月2日のコンサートでは、嗚呼、坂本日菜によるこの「ユートピア」なる大漁旗の着こなしにもご期待くださいませ。(ちょっと泣)

     

    次回は、いよいよ「ともとも」こと山口ともさん登場デス!お楽しみに!

     

    ***********************
    † Organ concert "LIFE "
    〜いのちは巡り、進化する〜
    2017.11.2 19:00 Start 全席指定 2000円
    チケット発売中!くわしくは
    公演HP
     http://project-orb.yokohama
    紹介ムービー https://youtu.be/bxK4VfNyQE0

    ***********************

    project-orb * Making of "LIFE" * 20:22 * - * -
    このページの先頭へ