LIFE 第2楽章(美しきマグダラのマリア)

  • 2017.10.14 Saturday
  • 22:17

 

みなさま、ようこそおいでくださいました。

今回は、11月2日のオルガンコンサート LIFE の中で3曲目に演奏されるその名も「LIFE」の第2楽章のお話です。

この曲、3楽章に分かれているのですが、3曲続けて演奏されるので、楽章の区切り目にご注意であります。

このブログ読んでくださっている方だけ特別に、区切り目おしえちゃいます(特別にって、ねえ…)

前回お話してたとおり、1楽章の終わりは、静かに、静かにひくーい音で心臓の鼓動が「どくどく、どくどく、どくどく」って聞こえてきます。

そして始まる2楽章。

イエスさま、復活への序章です。

 

ここで、重要な登場人物、マグダラのマリアのお話をば。

 

みなさま、新約聖書に出てくる重要な女性にイエスを生んだお母さん「聖母マリア」と、もう一人復活したイエスに一番最初に会った「マグダラのマリア」がいるのはご存知ですか?

 

マグダラのマリアは、イエスの十字架の道行きを聖母マリアと弟子のヨハネとともにずっと共に後を追い、死の瞬間までそばを離れなかった女性です。

余談ですが、この場面を描いたメル・ギブソン監督の「パッション」という映画があり、イースターの前の1週間(聖週間)に私は必ずその映画をDVDで観るのですが、もう、むごすぎて正視していられません。全く罪のないわが息子が、お腹を痛めて生んで可愛がって育てた息子が、目の前で拷問され殺されていくのです。母はその血をぬぐうことすら許されないのです。そんな聖母マリアを必死で支えるのがマグダラのマリアです。ああ、書いてるだけで泣けてきました。やばい、涙で画面がみえぬ、、。

 

そのマグダラのマリアを描いたたくさんの宗教画がありますが、私は「Veni Creator Spiritus」のペンテコステの絵でご紹介したエル・グレコの描いたこの「悔悛のマグダラのマリア」が一番好きです。(この、可愛らしさと天を見上げる一途な眼が)

 

 

第2楽章には「冥界より」という副題がついています。

ここでは冥界から、自らの亡骸が埋葬された墓での出来事にそそがれるイエスのまなざしを描いています。

 

イエスの埋葬後、朝早くまだ暗いうちにマグダラのマリアは墓に行きました。

すると、墓の石がとりのけてありイエスの亡骸がないことに気付きます。

あわてて弟子たちのところに知らせに走りました。

弟子たちは走って墓へ行き、亡骸を包んでいた亜麻布がまるめてあるのを見ます。

しかし弟子たちは「イエスは必ず死者の中から復活されることになっている」という聖書の言葉を理解しておらず、そのまま家に帰ります。

マグダラのマリアは、ひとり墓の外に立って悲しみにくれて泣いていました。

泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあったところに、白い衣を着た二人の天使が見えました。

天使たちが

 

「婦人よ、なぜ泣いているのか」

 

と言うとマリアは

 

「私の主が取り去られました。どこに置かれているのか、私には分かりません。」

 

こう言いながら後ろを振り向くと、あかつきの光の中にイエスの立っておられるのが見えたのです!

 

 

2楽章は、悲しみに暮れて夜明け前の静かで暗い道を墓に向かってトボトボと歩くマリアの様子から始まります。

 

そして、墓を見たマリアの

 

「な、ない!ない!ないないないない!」という驚愕の「じゃ!じゃ!じゃ!じゃじゃじゃじゃ!!!」というびっくり音があり、

 

マリアは走り出します。「たかたかたかたかたかたかたかたか」

 

「ない!ない!ない!」と!

 

そして弟子たちも「ほんまかいなほんまかいな!」と動揺して墓へと走ります。「たかたかたかたかたかたかたかたか」

 

なにを隠そうこの「たかたかたかたかたかたか」が前回写真でご紹介しました、三浦はつみ氏を悶絶させた(指番号がぎっしり書いてある)譜面です。

 

ちなみにここ右手ソプラノにメロディー、アルトに32分音符連符×左手は入り乱れる7連符&6連符のテノールにベースの足鍵盤プラス、ほとんどの音符に臨時記号がついてるという泣いちゃう楽譜、ずばり鬼門です。

 

そして、マリアは途方に暮れて悲しくて悲しくて墓の外で泣いていると、次第に夜が明けて、あかつきの光にあたりが照らされていきます。その中に「どうして泣いてるの?」と浮かび上がる心配そうな顔をした2人の天使。夜明けの部分、ほわ〜というほの明るい朝日の光がやがてまばゆい光に変わってゆきます。

 

そこでマリアと復活したイエス・キリストの目が合い、2楽章は終わります。

 

そこから続いてピコピコと聞こえてくる細胞の鼓動のような小さな音はいったい…?

次回に続きます。

 

(余談ですが→イエスが復活したのを目の当たりにしたマグダラのマリアは、復活したイエスのことを園丁(植木屋さんorお墓の管理人さん)とカンちがいし、「あなたが運び去ったなら、返してくださいっ!」とイエスご本人に詰め寄ります。イエスの「マリア」と呼ぶ声にハッとして、ようやくご復活に気づいたのでした。ちょっとかわゆいですね。おーいおーい!家に帰っちゃったお弟子さんたちー!復活してますよー)

 

あ!それからチケットのお問い合わせをたくさんいただいておりましてありがとうございます。

全席指定ですので、良いお席ご希望の方は、045-682-2000 みなとみらいホールチケットセンターへ電話予約後、セブンイレブンなどでレジに予約番号を言うと簡単に受け取れます(発券手数料はかかりません)。

残業がなければふらりと行きたい、お友達がぎりぎりにならないとわからないので枚数が確定しない、急に癒されたくなった、という方向けには17時50分より販売開始で当日券もございます。

 

ご来場おまちしております!

 

***********************
† Organ concert "LIFE "
〜いのちは巡り、進化する〜

横浜みなとみらいホール
2017.11.2 19:00 Start 全席指定 2000円
チケット発売中!くわしくは
公演HP
 http://project-orb.yokohama
紹介ムービー https://youtu.be/bxK4VfNyQE0

***********************